ジャカルタ今昔 日イのはてな

ジャカルタ中心にインドネシアの報道からその今昔と日本・世界への繋がりを探る

4月度インドネシア投資環境:民族性向上に注目、社会面は不可解


1.大統領選など不可解さ多い社会面
投票結果確定に超長期事務、事務員過労で361人死亡(4/24現在)、敗北側プラボウォも勝利宣言、タムリン動乱で死者7人、首都のジャワ島外への移転計画を閣議決定、ホンダとヤマハカルテル最高裁が棄却、国際振り込め詐欺団?中台40人逮捕、アザーンの音に抗議した華人女性の上告最高裁棄却、昆虫を無許可採集邦人も悪行参加

2. 民族系大口投資目立つ:
Berkarya(トミーの又GORO)Dubaiと住宅地開発$50億、Ceriaフェロニッケル精錬$7億、国産潜水艦完成(韓国技術移転)、イナルムとアンタム アルミナ製錬所建設$8.5億、首都バスウエイに国産電気バス導入(中国製も)ビトゥン、トランス・カリ、モロタイ特区宣言

3. 経済展示エキジビションは相変わらず賑やか:イナクラフト、インド・ビューティー、INAライト、ソーラーテック、スマート・ホーム‐シティ、テルコムセル・モーターショー

メモ:MUFGダナモンに追加出資50兆(94%)、チカラン日本人学校開校、PLN社長賄賂容疑断定、