ジャカルタ今昔 日イのはてな

ジャカルタ中心にインドネシアの報道からその今昔と日本・世界への繋がりを探る

インドネシアの世界遺産とその候補

Numeous World heritage in Indonesia

f:id:nishimikyohei:20190706145925j:plainインドネシアKEK Pariwisata 30リストを作って“ジャカルタあれこれ”にアップしたが、この中の大手は殆どブログにしている。
世界遺産は世界全体で1073ケ所あるそうだがインドネシアはたった8ケ所しかない。その地位を見て見るとイタリヤ・中国がトップの54ケ所、日本12位の22ケ所、韓国13ケ所、インドネシア8ケ所は38位、一応アセアントップとは言え、国土・民族・歴史から豪州・Canadaの19ケ所14位くらい、或いはもっと出来るはずだ。

f:id:nishimikyohei:20190707132950p:plain追記:7月7日、昨日ユネスコは大阪が推薦していた百舌鳥・古市古墳群(世界最大の陵墓:仁徳天皇陵世界遺産に認定 これで日本はアメリカ・イランと同率10位となったようだ。

その候補も入れつつ、インドネシアのMy favorite 観光地をMy Brog中心に挙げて見よう。
先ずは世界遺産から
1. ボロブドゥル寺院遺跡群(シャイレーンドラ朝) - (1991年)
2. プランバナン寺院群 (古マタラム王国) - (1991年)
3. サンギラン初期人類遺跡 - (1996年)
4. バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム - (2012年)
5. ウジュン・クロン国立公園 - (1991年)
6. コモド国立公園 - (1991年)

f:id:nishimikyohei:20190706145730j:plain7. ロレンツ国立公園 - (1999年):実は小生これはあまり聞いたことがないと思ったら何のことはない、ここはインドネシアでこのような高山雪山があるのかと驚く4,884メートルのjaya山がある所で、それ以上に人跡未踏の地球の歴史を秘める鉱物資源があることでその保護をも目的の世界遺産であるので、単なる観光見物は遠慮願う非常な価値が高い所である。
8. スマトラ熱帯雨林遺産 - (2004年):ここも観光的にはあまり知られてないがインドネシアの国立公園が3つが重なる熱帯雨林地帯で多くの固有種もあるがメダンから4時間程度北西に向かう程度で冒険観光(違法伐採・密猟)で危機遺産になっている。オランウータンなど学識観光者向きだ。
9. 香料貿易やダーウインの足跡も尋ねるテルナテ・チドレ島
10. ロンボク・マタラム・リンジャニ・マンダリカ
11. クラカタウ・タンジュンレスン・アニエル・チャリタ
12. バンカ・バリトゥン
13. ラジャ・アンパット
14. ブナケン・マナド・サンギヘ
15. トバ湖バタック・メダン
16. マカッサル・ゴア・ブギス・トラジャ
17. パダン・ブキティンギ・ミナンカバウ
18. コタ・トア・バタヴィア
19. 又はコタ・スマラン
20. チレトゥ・スカブミ・プラブハン
21. ブロモ・スメル・・・火山
22. ワカトビ・スラヤール
23. ヨクジャカルタ
24. スラバヤ・マラン・セレクタ
25. トロウーラン・モジョケルト
26. バンタン・ラマ・スンダクラパ
27. 千の島・アンチョール
28. アチェ
29. バリ島は折角だからバツール、シンガラジャなども入れるか、二つくらいの価値はあろう。
30. 序にアンボン・バンカ・ブル島でポルトガルや英国・日本の侍を忍ぶ
適当に挙げて見ても無数にある。全て遺産候補であるが、インドネシアの裕福度に応じていずれ、多くを勝ち取っていくだろう。おもてなしの余裕に尽きる訳だ。漏れがあったら教えてください。