ジャカルタ今昔 日イのはてな

ジャカルタ中心にインドネシアの報道からその今昔と日本・世界への繋がりを探る

tallest building Tokyo Jakarta 2

余り有名でないようなPOLLUXがインドネシアの不動産のニューリーダーに選ばれたのはここ2年程の動きで目を引いたのかも知れないと思い久しぶりTalllest Buildingのランキングを見たが世界のトップクラスには、小生の関心の東京やジャカルタは目に付かず、いつもの国々が出て来て食傷気味である。 f:id:nishimikyohei:20190801101908j:plain
東京は高層ビル競争にはとっくにギブアップしておりジャカルタも638メートルのビルやプルタミナ:タワー計画停止中なので、それら無茶高いビルを除いた高層ビル数の比較になるが、つまりは今は東京は世界から脱落しインドネシアと仲良く競争する仲となっている。昨年4月のブログ「Skyscraper Cityの様々」と言うタイトルで高層ビルの林立した大都市のイメージを求め世界を眺めると要点は100m以上だと世界には2700棟の香港から低開発国を含め数多く特にアジアの都市が食い込み東京は8位、ジャカルタは17位となってしまう。150m以上とすると東京4位、ジャカルタ14位と上がり、200m以上のクラスでJKTが7位にあがるが東京は(16位と又下がる。東京ジャカルタの競争は何も今年始まったわけでなくこの時から東京はJKTに道を譲っていたのである。
そして少し目を変えてみると2017年以降の2年半で増加した棟数は150m以上に限るとJKT 19棟、東京はたった3棟だから更に引き離されていることになる。結果250m以上で見ると世界には235ほどもあるが、JKT 9棟、東京1(虎の門)(大阪2、泉佐野・横浜はあるが)となっているのある。POLLUXのJKTの2棟はCapital Towerが52階244m、Sky Suitesは2022完成乍ら260mである。

写真は虎の門 手前に愛宕神社にタクシーで本殿迄いける入り口