今さら 日イのはてな

「ジャカルタ新旧あれこれ」の合間に

インドネシア 投資環境トピックス 3/4月

企業は最新科学産業基地へ視点

4/30 マイクロソフトAIクラウド4年間に17億ドル、来イしたCEO発表

4/3 NVIDIA、インドサットとソロ・テクノパークで AI センター開発へ、投資 2 億ドル。

4/17 アップル、来イした CEO 、イで工場建設検討か

4/17 マスターカードも CEO 来イ、国有企業相と会談、デジタル決済の強化に協力か

 

基幹重工業も並行し

3/4 シェル・インドネシア、ブカシでグリース工場(年産能力 1,200 万リットル)着工。

3/4 チャンドラ、苛性ソーダ工場建設へ、投資 10 億ドル、ニッケル川下産業などへ供給。

3/6 エネルギー・メガ・プルサダ、リアウで新ガス田発見、推定埋蔵量 1,260 億立方ft。

3/7 チャンドラ・アスリ、プラスチック廃棄物アスファルト道路 50km 超が完工。

3/7 マキシス(台湾)、イのタイヤ工場拡張へ、日産能力 3 万本→4 万本。

3/8  NETA オート、5 月にブカシの地場企業の工場で国内組立開始へ、

 

 EV化は既定方針通り

4/30 BYDモーター、スバンに工場計画、年産能力15万台、20261月の稼働目指す。

4/30 ブルーバード、2024Q3めどにBYDe6 Gen2』導入へ。

4/25 ブミ・ミネラル(カラ)、フェロニッケル製錬所年産能力3.6万トン、年内稼

4/1   ハルム・エネルギー、ハルマヘラで、2026 年にニッケルコバルト水酸化物生産開始

3/28 ビン・ファスト、イで EV『Vfe34』発売、航続 318 ㎞、3.15 億ルピア~。

3/26 BMW インドネシア、EV セダン『i5』発表、航続 582km、独からの完成車輸入。

3/7 ベンツ・ブランドのバス・トラック組立工場 2025 年 2 月の稼働目指す

 

次は再生可能エネに本腰視線

4/25 東京ガス、家畜メタンガス再生可能天然ガスの製造

4/25 マハラクサ・ビル・エネルギ、木質バイオマス燃料工場を稼働する計画

3/14 PLN、ヌサペダ島で太陽光発電所とバッテリー・エネルギー貯蔵施設建設へ。

3/5  ユナイテッド・トラクターズも、スマトラ地熱発電所事業へ8,069 万ドル。

 

国民に示しが付くか 法の凋落懸念

4/22 大統領選の異議申し立て憲法裁の判決、再投票は不要。アニス側敗北を認めた。

4/5   大統領選異議申し立て審理:憲法裁が4 大臣を召喚、社会支援や地方訪問について

4/28 スリウィジャヤ航空、オーナーがスズ取引めぐる汚職疑惑で容疑者に断定され

4/27 インドファルマ、4月の給与は半分支給、13月給与は未払いのまま。

4/23 2023年には320万人がオンライン賭博、オンライン賭博撲滅作業部を設置へ。

3/18 インドネシア輸出金融庁(LPEI)の 4 社に対する不良債権 は詐欺の疑いあり

3/5  経済成長率 高率8%目指すと次期大統領当選確実視してプラボウォ候補。

4/28 最大イスラムNUイベントに次期正副大統領が出席、NUの支持に躍起。

 

中國一帯化の環境へ

4/19 高速鉄道のスラバヤへの延伸、王毅外相との会談で。第 4 回イ中ハイレベル会議

4/19 アリペイ、イ進出へ、許認可申請中と CEO。

4/18 来イ王毅外相が、中央情勢などプラボウォ次期大統領とも会談した、防衛協力など。

4/2  広汽埃安新能源汽車、イでの EV 販売でインドモービル傘下企業と提携。

4/1 まず訪中のプラボウォ次期大統領が習近平中国国家主席と会談、関係強化など。

3/29 習近平中国国家主席が次期大統領プラボウォを北京に招待 3/31~4/2。

3/28 北京汽車、イ進出計画を発表、5 月に 4WD 車と SUV 投入へ。

3/25 アネカ・タンバン、寧徳時代新能源科技とニッケル製錬所 2 ヵ所建設へ。

3/12 賽輪集団、ドゥマックでタイヤ工場建設へ、ラジアルタイヤ 360 万本

3/7 ファーウエイ、開発したスマート 5G ウエアハウス発表、5G 通じたロボット活用。