ジャカルタ今昔 日イのはてな

ジャカルタ中心にインドネシアの報道からその今昔と日本・世界への繋がりを探る

イ日の首都移転の問題提起

Indonesia/Japan moving capital city
インドネシアの首都の移転が閣議決定したというニュースには驚いた日本人は多いと思う。

f:id:nishimikyohei:20190504094816p:plain
Palangkaraya

ニュースにその候補としてカリマンタンのパランカラヤが出ていたが、その名前はマイブログでも2年前に「新首都候補 パランカラヤ」として上げていた。そこはスカルノ時代に首都として鍬入れした町である。ジョコウイもさすが宮殿が浸水に会うありさまに音を上げたのである。ブログでは他に2010年に「ガルーダの国内フライト頻度に見る都市ランキング」なるものも上げていたがパランカランは週7便グループであった。週7便されど第20位の下位グループである。少しは増えたであろうか
日本でも1990年に「首都機能移転を検討する」という基本方針を国会で承認されているがもう長く具体的な動きはない。移転する理由について国民からの声が大きくないようで、問題提起に意義があると言う意見が小生に取って頷けるポイントであった。移転すれば改善に直接つながるとは思えない政官界の問題点である。
首都の移転は多くの国で実施しているし、どの国もその考えを、程度の差はあれ持っていることを再認識したニュースとして、取りあげた訳である。