今さら 日イのはてな

「ジャカルタ新旧あれこれ」の合間に

コモドが目じゃないラブアン・バジョ

f:id:nishimikyohei:20210921095509j:plain



Pakuan辺りで耳にしたLabuan Bajo がニュースに登場した。地区ぐるみでホテルの安全・環境持続性の認証を得た観光地としてスーパー優先観光地にラブアン・バジョが選ばれていたと言うニュースであるが、Pakuan辺りとはサワンガンで三菱がついて行ったヴァサンタ・グループのShila at Sawanganプロジェクトであるが、このグループがこの Labuan Bajoでも一大観光ビレッジを建設せんとするものである。

日本では聞くこともない、一企業が大きな地区観光開発をするもので、Villageで済ましていいのかどうかは知らないが、ホテルの一つ二つを建てるだけでなく地区全体の観光開発で地区名はMawatuと言う。ジャバベカのDarmono氏がタンジュンレスンで1,500haの経済特区開発していることを思い出す。

聞いたような気もするLabuan Bajoを調べると、この街にコモド飛行場と言うのが目に付き不思議に思ったが、やはりKomodo島への入口らしいことが確認された。小生は、同じスーパー観光地認定となったマンダリカとか以前何度かブログ(「マンダリカは曼荼羅華」とか)し、多くの絶景地を目にしているので、その一つに又会えると思っていたのであまり好きになれないコモドは頂けなかったが、このmawatuの写真を見てまず心は一安心した。

 

まずLabuan Bajuはチモールの手前のNTT州フォローレス島の西端の西マンガライ地区に属する。マンガライと言えばジャカルタの地区名だが、ここからマンガライ族が移民したとか、イカットやルンプット植物を収穫していたとかと言う其処の地名の由来となった地区である。

ここから、フェリーでコモド島に渡れる、その途中に川奈と言う島名もあったが、

f:id:nishimikyohei:20210921095735j:plain

Mawatu Labuan Bajo


Mawatuはそちらでなく北東に3㎞に行く海岸沿いの観光地である。

24ヘクタールのビーチに5つ星ホテル、浮かぶ別荘、船用のドック、4つ星のライフスタイルホテル、水上レストラン、ヴィラ、ビーチクラブ、アートの街の広場、ショッピング、料理、音楽と集いの活動、エンターテイメントセンターそしてMSMEセンターで構成される、完全で統合されたワンストップホリデー観光エリアとなる。

ヴァサンタグループは何度か紹介しているが、この機会に追加すると2013年にアラム・ステラのSaumataApartmentsを建設し、2016年にSaumata Suitesとしてレストラン、スイミングプール、レクリエーション施設などを揃えた豪華なアメニティを建設している。ヴァサンタ・イノパークで出会ったときから驚いていたが、この最後の楽園NTTに迄手を広げていた力に驚いたが、もう知り合ったので驚かないことにしたい。

f:id:nishimikyohei:20210921095857j:plain

 

インドネシア投資環境トピックス 7~9月

コロナはピークより急速に収束へ、ポストコロナの経済運営へ

7/15 新規感染 54,517人 死者  991人 治療中 443,473人

7/31 新規感染41,168人、死者 1,759人 治療中 549,343人

8/15 新規感染28,598人、死者 1,270人 治療中 395,577人

8/31 新規感染  5,436人、死者  568人 治療中 203,060人

9/15 新規感染 4,128人、死者  250人 治療中  92,328人

8/3 出勤、飲食店営業、ショッピングモール来客にもワクチン接種証明要に、州知事令出る。

 

デジタルは更に一歩進む

8/9 リスクベースの OSS システム、ソフトラウンチ。

8/20  デジタル・バンク規則発布、デジタル・バンク時代へ

9/13 テレコム等国営企業、スタートアップに11億ドル投資へ

 

 

新時代に向けた企業対応は急ピッチ

7/21 サンシープ(星)、バタムで浮体式太陽光発電・設備建設へ、投資約 20 億ドル。

7/26 エムテック、グラブ・インドネシアに出資 3.75 億ドル。

7/28 IFC、地場 ASSA に最大 3,100 万ドル投資へ、宅配サービス支援等

7/29 国営EV会社、現代自と LGと MoU、投資 11 億ドル、23 年完工、1 千人雇用

7/29 チャンドラ・アスリ、タイの 2 社から 13 億ドル調達へ、第 2 石化コンプ建設に充当

7/25  2040 年までにプラスチック・ゴミ・ゼロ達成には 4,770 億ドル要:雇用創出の可能性。

8/6 ブカラパック、イ証取所に上場、上限の 1,600 ルピアで、時価総額109 兆ルピア。

8/10 エアホスト、トラベロカと連携。

8/17 スーパーエアジェット(新設格安航空)、ジャカルタ発リアウ行きで運航開始。

8/20 2045 年先進国入りには、ネット・ゼロ・エミッションの達成不可欠とした。

8/23 PLNとアジア開銀が石炭火力発電の早期廃止で提携、再生可能エネに転換へ。

イオン・モール・スントゥール・シティの今

f:id:nishimikyohei:20210917135653j:plain



イオンのスントゥールはどうしているかなと思って調べることにした。3年ほどもブランクがあるのでニュースの整理が大変だ。

"AEON Mall Sentul City Laku Terjual Rp 1,9 Triliun" イオンモール・セントゥールは1.9兆で売られちゃったと言うタイトルはセンセーショナルだが4月19日のTempo 誌である。実際はPT.Sentul City(以降SCと略す)が資本市場監督庁に同社の資金調達の為、イオンモールの敷地をAEONに売却したと言うものであった。AEONは元々進出地を購入する開発型であり、従いジャカルタをかなり離れた所でレンタルとは不思議だった訳だ。このモールは2015年に建設に着手、2020年9月にオープンしており、一旦土地賃貸契約をしていたことになるが、何かあったのだろうか。
このモールのPT.SCの現在の株主はPT Sakti Generasi Perdana が 53%、そしてStella Isabella Djohan sebesar が17%で、一般株主が30%である。

又オープニング式にはSCの監査役会長に座った元汚職撲滅委員長が来賓していたことも報じていた。

 

他の記事に移るとVoi.idは、コングロマリットのStella Isabella Djohanが所有しているSCの今季上半期の決算は2.4兆の売上と2,340億ルピアを計上した以下の記事を掲げていたが、ここでもマジョリティのSakti Generalと言う株主が居るのに、この初めて聞く名前の女性がコングロマリットであり且つ 所有しているとの内容に関心がわいた。

これ等は調査が次の段階に進む糸口だ。しかしこのコロナの中、利益を上げたと言うから多分イオンも集客できているだろうと安心した。

 

そして一番新しいニュースはイオンが中国の京東集団(JDドット・コム)の業務協定を締結したと言うもので、オンラインショッピングと実店舗を融合させた展開を図るものでスントゥール店がまず選ばれたことは、現実に集客している事の証左だと感じた。

取敢えず今日はここ迄。

またジャカルタに超ド級ホテル・The Langgam

f:id:nishimikyohei:20210915095013j:plain

Langham from equity tower

ランガム・ホテルが9月9日にジャカルタSCBDにオープンしたニュースを聞いて、それは直ぐアグン・スダユのDistrict 8だなと言うことは直ぐわかった。ジャカルタ2番目の高層ビルTreasury Towerのすぐ傍である。或いはSCBDのSudirman通りにつなっがる地区にある

Grand LuckyスーパーやFWD Towerの所のサークルに面している。このサークル側からの写真では後ろにTresury Towerがあり、

f:id:nishimikyohei:20210915100225j:plain


以前のブログで掲げた、スノパティ側からの写真ではTresury Towerの後ろになろうか

このホテルブランドは英国生まれで、ロンドン本店は1864年築の豪華絢爛、堂々たる宮殿風ホテルである。しかし写真借用は一寸面倒な気がしたので遠慮した。

中国本土にも多く持っており、香港Langhamは超高級、ラグジュアリー、エレガントなホテルで有名なようである。日本には六本木ヒルに計画(工事?)中である。

ジャカルタLanghamは44階建て161mと推定されているがホテルの設備説明では61階に朝食用レストTom’sがあり、59階にBarあり、室内プールなどのSpa設備があるというから

何メーターとすべきかSkyscraper CousilにもWikiにも出ていない。この数字はCTBUHの推定であるが小生が推定すれば65階、240mとなるが、タワー名もいずれ呼び名が出てくるだろう。ホテルは224室、ペントハウスは326m2、今はお祝いの料金でRp3,500,000でいけるとかタワーの半分程度はResidenseが占めるようだ。

 

世界の高級ホテルは、ジャカルタでは皆高層新ビルに陣取っている。Autograph Tower、Rajawali Tower, Gama Towerなどなど、ジャカルタは世界の大都市10指に入る。

 

今日判ったことはホテルとは関係ないがDistrict 8と言うのはSCBD Lot NO.28 の大好きな8だろう。要はこの28地区はSoenopati通りからこのLangham Hotelのある処つまり、FWDビルのサークルに接するまでの大きな地区である。

 

辺境のPIK2東京リバーサイド

f:id:nishimikyohei:20210914095652j:plain

tokyo riverside aguan



 

パルタイ・インダー・カプックと言ってもジャカルタの北はパッサール・イカンとスンダクラパの史跡の他はプルイットという日本人には奇妙な名前の所に中国人が住んでいたというだけの時代を思い出すが、そしてカプックと言う名前が近くなったのはカプック・ダマイのゴルフ場をシナールマスが大林とオープンしてからである。今は海上のガルーダ島開発を控え大都市に変貌して来た。

しかしそれがPIK と略され、更にPIK2 が現れ、番号を付されると何故2なのか誰が動かしているのかの関心が湧く。Pluitは大昔は中国寺院が並んでいるところや鰐園が有名であったが、鰐園は取り壊され(移転)、其処に大きなモールになったが、沖合にパンタイ・ムティアラがいつの間にか建ち、何か魅力を振りまいていた。しかしPIKに行くにははこのモールの前の道Pluit Indahを西にとって行く。

行くほどに小さめの運河を二つも超えた所からMuara地区になる。

f:id:nishimikyohei:20210914103037j:plain


ここには大きな住宅ガーデンのTaman Resort Mediteraniaがありそれに沿って更に西から北へ進み、Pantai Indah Kapuk(PIK) 病院の所の大き目の運河に行き当たる。ここ迄が行政的にはKapuk Muara であり、PIKである。(間違い易いMuara AngkeはPluit地区の北西にある。)そしてここの運河を越えると直ぐDamai Kapuk Indahゴルフ場であるがそれを左手にして進む道は又賑やかなPIK Avenueでその西端にTzuchi仏教施設がある。この地区は行政地区としてはKamal  Muaraと変わったがまだPIKである。このPIK Avenueの北側、新島を望む地区で、スカルノハッタ高速のKapukゲートから降りてきた道が新島のD島へ伸びている。この辺りだなと思ってGoogle  Mapを拡大したりすると。Avenue側のモールやD島のセンター街にPIK2の文字がみえてくる。所がこれ等はPIK2の一部かも知れないが、販売用ギャラリーであり、本当のPIK2はとんでもない所にあったのだ。実はこの辺りがPIK2なら小生は何度か来ており、2018年10月 4日 に「ジャカルタの東京リバーサイド」としてブログにも紹介していた。詳しく解説していた積りであるが、ロケーションの確認が足りなかったようだ。

昔、スカルノハッタの第3ターミナルの方から海岸に出て、PIKに行けないか踏み込んだことがあったが其処にはサッカーグラウンドがあったがPIKへのアクセスは無理だと引き揚げた。

今日MAPを見るとそこはマングローブなのか、或いはエビ養殖池が続いた湿原であった。なるほどPIKには行けないはずだ。

f:id:nishimikyohei:20210914100201j:plain

f:id:nishimikyohei:20210914100610j:plain

D島が出来る前

f:id:nishimikyohei:20210914101218j:plain

Tsuchi



そしてPIK2の中心となる住宅団地東京リバーサイドはターミナル3の北東の海岸線の地区になり、これはもうバンテン州でありタンゲランである。PIKのKはKapukであるがPIK2のKはKamalを超えKosanbiのKかも知れない。

ここを示すのにPluitからは不適切だったようだ。因みにGoogleでDirectionを示さすと飛行場からの線が伸びていた。計画では奥の新島からKamalの方に橋が架かるよう(工事中か)でそこからずっと北の東京リバーサイドまで道があるにはあるようだ。多分この辺りはGoogle

も遅れて居よう。ジャカルタの東京リバーサイド: ジャカルタ新旧あれこれ (cocolog-nifty.com)

辺境のPIK2東京リバーサイド

f:id:nishimikyohei:20210914095652j:plain

tokyo riverside aguan



 

パルタイ・インダー・カプックと言ってもジャカルタの北はパッサール・イカンとスンダクラパの史跡の他はプルイットという日本人には奇妙な名前の所に中国人が住んでいたというだけの時代を思い出すが、そしてカプックと言う名前が近くなったのはカプック・ダマイのゴルフ場をシナールマスが大林とオープンしてからである。今は海上のガルーダ島開発を控え大都市に変貌して来た。

しかしそれがPIK と略され、更にPIK2 が現れ、番号を付されると何故2なのか誰が動かしているのかの関心が湧く。Pluitは大昔は中国寺院が並んでいるところや鰐園が有名であったが、鰐園は取り壊され(移転)、其処に大きなモールになったが、沖合にパンタイ・ムティアラがいつの間にか建ち、何か魅力を振りまいていた。しかしPIKに行くにははこのモールの前の道Pluit Indahを西にとって行く。

行くほどに小さめの運河を二つも超えた所からMuara地区になる。ここには大きな住宅ガーデンのTaman Resort Mediteraniaがありそれに沿って更に西から北へ進み、Pantai Indah Kapuk(PIK) 病院の所の大き目の運河に行き当たる。ここ迄が行政的にはKapuk Muara であり、PIKである。(間違い易いMuara AngkeはPluit地区の北西にある。)そしてここの運河を越えると直ぐDamai Kapuk Indahゴルフ場であるがそれを左手にして進む道は又賑やかなPIK Avenueでその西端にTzuchi仏教施設がある。この地区は行政地区としてはKamal  Muaraと変わったがまだPIKである。このPIK Avenueの北側、新島を望む地区で、スカルノハッタ高速のKapukゲートから降りてきた道が新島のD島へ伸びている。この辺りだなと思ってGoogle  Mapを拡大したりすると。Avenue側のモールやD島のセンター街にPIK2の文字がみえてくる。所がこれ等はPIK2の一部かも知れないが、販売用ギャラリーであり、本当のPIK2はとんでもない所にあったのだ。実はこの辺りがPIK2なら小生は何度か来ており、2018年10月 4日 に「ジャカルタの東京リバーサイド」としてブログにも紹介していた。詳しく解説していた積りであるが、ロケーションの確認が足りなかったようだ。

昔、スカルノハッタの第3ターミナルの方から海岸に出て、PIKに行けないか踏み込んだことがあったが其処にはサッカーグラウンドがあったがPIKへのアクセスは無理だと引き揚げた。

今日MAPを見るとそこはマングローブなのか、或いはエビ養殖池が続いた湿原であった。なるほどPIKには行けないはずだ。

f:id:nishimikyohei:20210914100201j:plain

f:id:nishimikyohei:20210914100610j:plain

D島が出来る前

f:id:nishimikyohei:20210914101218j:plain

Tsuchi



そしてPIK2の中心となる住宅団地東京リバーサイドはターミナル3の北東の海岸線の地区になり、これはもうバンテン州でありタンゲランである。PIKのKはKapukであるがPIK2のKはKamalを超えKosanbiのKかも知れない。

ここを示すのにPluitからは不適切だったようだ。因みにGoogleでDirectionを示さすと飛行場からの線が伸びていた。計画では奥の新島からKamalの方に橋が架かるよう(工事中か)でそこからずっと北の東京リバーサイドまで道があるにはあるようだ。多分この辺りはGoogle

も遅れて居よう。ジャカルタの東京リバーサイド: ジャカルタ新旧あれこれ (cocolog-nifty.com)

豊通のアクシアと通信のAXIATA

f:id:nishimikyohei:20210906103009j:plain

AXIA 商業棟

豊田通商などが開発した日本人好みの大住宅アクシア・サウスチカランのAXIAと言う意味がなじめず、辞書を引きと言語はギリシア語で価値という意味と出た。ギリシャ正教会の歌などに使われるようだが、豊通や参加企業のLippo、東急不動産など何か関係あるかの詮索は止めた。インドネシアでは携帯・スマホ・通信のイメージが湧く。一番近いのはパソコンのEXELだろうが、多分Exellentを発するのだろう。この間、Sintesaと間違えたParamount 関連)ブログで引っかかったPeninsula Exelsiorがあるがこれも派生語だろうが辞書ではExcelsiorはlebih tinngiと出た。Googleでは、より高くというNYK州のモットーらしい。

f:id:nishimikyohei:20210906103119j:plain

excelkomindo

これが何故通信に関連するかと言うと昔、インドネシアの大富豪Peter SondakhのRajawaliグループが展開した通信会社にExcelcomindoと言うのがありXL Mobileなども扱っていたことを知っていたからである。そして彼は、メキシコからインドネシア国有会社であったセメント会社を買い戻すためもあり、この通信会社を売却したのである。売却に応じたのは世界に雄飛するマレーシアの通信会社のAXIATAである。これはサウスチカランのAXIAと一字違いである。この会社はインドネシアで上場しており、このあいだ、上場したビッグ ユニコーンのブカラパックの時価総額(約8,320億円)がこのAXIATA インドネシアと同じであると、その巨大さを誇る材料とされていたのである。この上場会社名がPT. XL AXIATA Tbkであるが、名前にちゃんとXLが入り、与えられた銘柄コードはEXCLであった。