ジャカルタ今昔 日イのはてな

ジャカルタ中心にインドネシアの報道からその今昔と日本・世界への繋がりを探る

侮るな2番手 ブカラパック

インドネシアのECビジネスのオペレーターはトップのトコぺデイアに次いで主要企業を見ると第2位がシンガポールのShopee、第3位がローカルのブカラパックで第4位が中国の巨人アリババが買収したLazadaである。序でBlibliやOrami、JDid(京東)、Bhinneka等々がならぶ。ここに昔はMNCと組んだRakutenがあったのだと思うと不思議な感慨がわく。
トコぺデイアの企業価値ブルームバーグの評価で$70億ドルというが、楽天の今日の時価総額は1.5兆円で日本では堂々たる83位である。しかし楽天は多くの事業もあり、70億ドルは7,700億円だから半分程度だと比較できる圏内となる。第3位のBukalapakは10億ドルと評価され70百万の会員を持つそうだ。ここにも、昔、日本の金が入ったはずだったが、今年始めにも新たな投資資金を迎えたがそれは韓国投資*のようだった。
トコペディアに次ぐスタートアップ企業であるBukalapak の創業者はAchmad Zaky(CEO)で中部ジャワ出身の1986年生まれである。実際はそのITBの学友二人 Fajrin Rasyid (President) と Nugroho Herucahyono(CTO)がいる。2010年の創業で、株主としてEmtekの名前がある。
このオンラインショッピングサイトの他にフインテックのBukalaDompetや投資信託会社も有しており殊にオンラインで参加できないキオスクやネットになじめぬ層のためのオフラインによるショップ(Mitra Bukalapak)を設けている事で両者が相互して効果を挙げていることが特筆できる。この面ではTokopediaも同じである。

*Mirae と言う韓国の金融サービス会社でLineのNaverと共同ファンド $50百万。

JDC グループのホテルなど

JDCとはJan Darmadi Corporationでグループ総帥の名前で言うグループである。企業としては中核が PT JAKARTA SETIABUDI INTERNASIONAL TBKと言う投資会社である。
以前ホテル特集でグループのホテルを以下の様に記述した事がある。
「Baliのリゾートホテル ベストにランクインしたGrand Hyatt Hotelを筆頭にジャカルタではMandarinが有名であるが、AncolのMercure Convention Center或いはIBIS BudgetやPOPホテルなどがあり、同社ペイジには数多く、どの写真を挙げるか迷う。」
今再度そのサイトから補充すると
BaliにはGrand Hyatt Bali(1991年;636室)の他にHyatt Regency Bali 、Andaz Bali、Mercure Resort SanurがありHyatt Regency はYogyakarta(1997年)にもある。
Mercure Convention Centerとは昔のHorizon Hotelで2001年に買収したものである。
Ibis BudgetとはMenteng(昔はPlazaとしてオープン:1989)とCikini(オランダ時代の由緒あるプールを保有:2008年)とにある。 POP! Hotelは Kemang(2014年), JakartaやMalioboro, Yogyakarta 及びPemuda, Semarang(2018年)にあり、昔ブログ済だ。
Setiabudi社のサイトにはマンダリンの記載はないがJan氏自身とかJan Darmadi Investindoとか何らかの関係はあるはずだ。他の不動産も拾うとオフイスビルは伊藤忠とのSkyline Brdg(1976年オープン)があり伊藤忠はテナントであったがThe Plazaに転出、MOUの関係の東急不動産が居続けている。グループの本社はRasuna Saidの3棟(1977,1981、1991年でplazaとしても営業)である。ゼネコンとしては清水建設(Grand Hyattなど建設)が近い。

f:id:nishimikyohei:20190817195938j:plain
tokyu
住宅では東急不動産で紹介したPuri Botanical(2005年)やSetabudi Sky Garden(1989年タウンハウスから2015年高層マンション3棟へ衣替え) やPermata Hijau (Real EstateとTamanpuri townhouse:1993年)がある。PuriにはTaman Permata Buana(1984年)があるが、その地には清水建設伊藤忠(SinarMas)が32階建て高層2棟と18のタウンハウスが展開されている。その他MedanやRetail分野或いはBelitungリゾート(2015)など.投資物件も多い。
Setia Budi社はJan氏が1975年に設立、1998年上場している。今日まで魔弾なく活動を続けているがその間繊維や化学品、石油関係の事業も行っている。
氏は政治的にはNas-Dem党の幹部であり、2015年から5年間の大統領諮問(Wantimpres)の9人のメンバーの一人である。最終大学はニューヨーク大博士課程である。1939年生まれであり、徐々に子息Jefri Darmadi氏にバトンタッチしていくのだろう。

AngkeのTzu Chi人脈

先週のTaman Wisata Alam Mangrove, Angke Kapukは丁度仏教寺院 Tzu Chiの裏側にあたる。このTzu Chiは昔Muara Angkeの入り口のそばで偶然行き当たった所でブログにしたが検索を間違い綴りでTsu Chiとしたため 中々つかめなかったが、「アグン・セダユのアグアン」(2018年10月 1日 でSUGIANTO KESUMAがこのTzu Chiの副会長をしていることを報じたばかりであるが、今日、偶々見るとここはインドネシアで成功した華人たちが寄付しているものであることが判った。まずはここの土地はAgung Sedayu group, Agung Podomoro group dan Salim groupが寄付したもので、この他にも運営資金含めFrangky O Widjaya (Sinar mas), Pak Eka Tjandranegara (Mulia group yg punya Mal taman anggrek dll), Pak Sucipto Nagaria (Sumarecon group), Murdaya Poo (dan ibu Hartati Murdaya), Prayogo Pangestu, があげられていた。そしてAguanはここでは (Pimpinan Artha Group)と書かれていた。いつTomy Winataを越えたのかは別の機会にしよう。
Tzu Chiについては「インドネシアにもZhu Chiの教え」という題で2009年9月 6日 にブログしているので追加することはない。

これは ジャカルタ新旧あれこれ2にアップしようとしたがそのペイジは今ログイン出来ない状況に至っている。NECのwindow10もFMVのVistaも上手く行かない

インドネシアのECマーケット

ここでインドネシアのEC産業について世界との関連して記述するが技術や事業活動の変転(輸送決済・買収・提携)が早いこと、概念(BtoC/B)や規模(流通総額・売上・口銭収入・兼業)時点が一定してないことなどで系統立っていないが関心は深まることであろう。
インドネシアのECの市場規模は2017年で53億ドルと言われ、日本は2020年推定値でこの20倍、米国は100倍の規模になる。そしてインドネシア人口は2.68億人、mobile契約は3.5億件、インターネット人口で言えば1.5億である。市場規模はBtoBまで含めると相当難しいと想像されるが、含まれているという前提で読んでいくことも必要だ。
日本のBtoCオペレーターは1位Amazon Japan、2位は楽天、3位Yahoo(ソフトバンク)と言う。 Amazon Japanも楽天も3兆円規模のものと、2位にヨドバシ、3位ZOZO(Start Today)、4位 楽天と言うランキングもある。
米国の市場規模は2020年で5,300億ドル規模だが、中国がこれを抜いて1位の6,500億ドル(或いは兆規模。の予想がある。Amazonの規模数字は出ないが対するAlibabaはTモールの天猫やCtoCのBaobao或いはインドネシア(東南アジア)で買収しRazadaなどを加えると100兆円規模(1兆ドル規模)
若干無茶ながら;
中国 市場規模 1兆ドル   トップ企業規模 1兆ドル(世界市場の連結ベース)
インドネシア  53億ドル   トップ企業規模 70億ドル(売上ではなく評価額)
日本      1,040億ドル  トップ企業 3兆円=270億ドル(国内市場)
基に戻って世界の市場規模ランキングの10位はメキシコで110億ドルであるのでインドネシアは至近距離である。
とは言えインドネシア島嶼国家であり、物流の困難性、キャッシュレスの遅れ、アクセスの遅さなどもあるものの、世界の中での忘れられそうな国家イメージがあって損である。
世界を論ずる者たちのせめてG20の観点を持ってほしいものだ。小生はインドネシアで30年マウスを握ったが遅いと感じたことはなく日本に比べても格安だった印象だ。  今、日本でパソコンの遅いのに苦労している。待てないので先に行くとHangしている
ざまだ。  ウィンドウ10がダウンして今昔のVistaを引っ張りだして書いている。 トホホ

新ASEAN事務局ビル 

New ASEAN Secretariate Building
ジャカルタにあるASEANの事務局ビルが新増設されたそうでGoogleで訪ねてみた。実際その場所に行かなくとも、Googleはどんな田舎でもすぐアップデートされており畏敬する所であったが、その仕組みは一体どうしているのであろうかという疑問で行ったのであるが、やはりその場所には未だその建物はなかった。現在の事務局ビルの場所はシシンガマンガラジャ通りの最高検の対角線に立地しその裏側は昔、南ジャカルタ市役所がありそれが移転したので広大な跡地があるはずである。そして隣は警察庁本庁があった。Googleでは警察庁のビルが建設中であったのでこれも今は完成したであろう。

f:id:nishimikyohei:20190812091922p:plain
asean bldg map googlr
ところがこの地域を空中撮影した地図に移ると何やら高いビルが2棟建っており、1時間も眺め透かして、やっとこれが新築なったアセアンビルであることが判った。そうすると昔、Google Mapは衛星で捕えた現瞬間の映像であると勘違いしていたが、今それが実現しているのであろうか。今時点での渋滞の様子さえ解かるというのは無理かもしれないが、徐々にそれに近づいているのだろうと言うことにして、新ビルについてはNNAの記事から要点を書き出しておこう。落成式はこの8日(金曜日)ジョコウイ大統領の挨拶があり、各国外交官など350人が出席したそうだ。新ビルは現事務局に隣接し、地上16 階建てで両棟は約40 メートルの連絡通路でつながれている。そうだ。 この4月に開通したMRT (一部地下鉄)のシシンガマンガラジャ駅前である。そういえば駅名はASEAN駅と称することになっているはずだ。
f:id:nishimikyohei:20190812092418p:plain
ASEAN google

f:id:nishimikyohei:20190812092510j:plainそちら側にも入り口は出来ているが其処から撮ったGoogle写真には新ビルは見えないが手持ちの昔の写真が手元にあるので比較して見よう。(写真は2011年全く同じだ。ここは正門入り口ではないが。。)宇宙からのGoogleの写真もアップしておく。
ASEAN2011

インドネシア・ユニコーン企業のトコペディア

Tokopedia the unicorn
孫氏とジョコウイ大統領との会談に陪席したトコペディアのトップとはWilliam Tanudjajaと言う青年実業家で1981年11月、プマタン・シアンタール生まれの37歳である。PT TokopediaはインドネシアEC業界の最大手である。

f:id:nishimikyohei:20190806212112j:plainソフトバンクはこれより先2014年に米系VCと共同で1億ドルを出資していたが昨年12月にはサウジとの共同出資のSoftbank Vison Fund2から追加投資を行っている。この追加出資は既存株主アリババ集団やSoftbank Ventures Korea含め総額11億ドルである。
彼はSMA終了後ジャカルタに出てきて学業を続けるつもりであったが、後押しの父が病気となり彼自身が学業の傍らか稼ぐ必要になりインターネットの世界に足を踏み入れた。
仕事はナイトシフトであったがこれが仕事をしながら無料でインターネットを学ぶ機会となり、2003年BINUS卒業後もデジタル業界のいくつかの会社を経て2007年頃自らのEC業創業を着想した。着想後も出資者を得るまでに苦労があったが、ミクシィ共同創業者らのVCからの創業出資を得てインドネシア全国の学生など有能な人材を集め2009年にTokopediaのサービスを開始、この年が同社の公式の設立年であり、8月には公開(diluncurkan ke publik)も果たした。時期を得たこともあり現在ではブルームバーグの評価で70億ドル強のユニコーン・スタートアップ企業となっている。インドネシアのスタートアップ企業も見直され日本からのベンチャーキャピタル投資も出てきている。

圧倒的孫氏の存在感

一昨日のインドネシアからの週刊ユースで7月29日、「ソフトバンクとグラブ、ジャカルタに第2本社ビル建設へ、ソフトバンクがグラブに追加20億ドル出資、イで電気自動車のインフラ構築に向けた試験事業を計画」というものを見た。
来イした孫さんはインドネシアのグラブとトコペディアのトップと共にジョコウイ大統領とも会談しており、その後の記者会見で3年で30億ドルの投資を言明したようだ。

今回孫さんが集めた資金、Softbank Vision Fund 2は1,080億ドルと巨大なもので、これは劣らぬ巨大な1,000億ドルのFund 1に続くものである。このファンドにはアップルやマイクロソフトの他に日本の大手3銀行も」予定されているそうだから既に、小生のずっと離れた周りのビジネスマンには周知の事だ投資する人も多いのだろう。
そしてもう1ケ月近くなるのか、孫さんが文大統領と会談したニュースを思いだしたが、その時は孫氏はAIの時代への政府の在り方等を助言したそうだ。孫氏は金大中時代にブロードバンドを助言し今の韓国のモーバイル世界1を実現する土台となったそうだし文大統領は大統領候補であった時に孫氏を訪問したという。
ロッテもお菓子のロッテで日本で成功し、本体は韓国ロッテで韓国実業界を支えている。